FxCam_1368864662042ールタンをご存知でしょうか?

ーガ・ライフ・ソサエティは、一見 動的で健康体操と思えるヨーガですが、本来は古代より民衆の実際生活の中で生き、広く活用されてきた生きた叡智の実践法です。
ご理解をやさしく深めていただくために実習と理論がひとつになったヨーガを伝えています。

講座の前にはキールタンを行います。
キールタンとは?
ンド版の讃美歌のようなものです。
インドの神々の名前やグルの名前を繰り返し歌う(唱える)ものです。ハルモニウムというインドの古典楽器や太鼓、マンジーラなどを使って、マントラに抑揚をつけて唱えます。単に歌うというよりも、心から湧き出る顕れですのでバクティ・ヨーガやナーダ・ヨーガの一部とされています。
そこには祈りがあります。

ーモニュームというオルガンとアコーデオンが混じったような楽器を中心に、小さなシンバルのマンジーラ、ドーラクという両面太鼓などがあります。
いくつかはこちらで用意いたしますので、遠慮なく使ってください。

本のヨーガのスタジオや教室ではあまり行われていませんが(最近になって増えてきたようです)、インドではヨーガ・アーシュラムを中心に寺院や一般家庭でも盛んに行われています。
基本的にアーサナが人に見せるものではないのと同様に、キールタンも人に聞かせるためのものではありません。
歌が上手と下手とか、声が良いとか悪いとかはまったく関係ありません。心や情緒を通して「感じて」いただければと思います。

シケーシのシヴァーナンダ・アーシュラムと同様、「ジャヤ・ガネーシャ・キールタン」から始めます。
シヴァ神とパールヴァティーの息子ガネーシャは富と繁栄、学問の神であると同時に、厄除けの御利益があります。最初にガネーシャの名前を歌うことによって、その後のことがスムーズに行くように願うのです。

て、講座の前の時間にキールタン練習がスタートしています!カミサマを心で感じながら唱え、讃えることを楽しめるように……

月例サット・サンガの前
■時間:15時~15時45分。
何か音の出るものをお持ちいただくと楽しくご参加いただけるでしょう♪

Y.L.S.

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Set your Twitter account name in your settings to use the TwitterBar Section.