9月4日(日)9時~10時30分の「呼吸法から瞑想へ」のクラスは前回の続きで

完全呼吸からナーディーショーダナ・プラーナヤーマを中心に行いました。

ナーディーショーダナを完全呼吸で行うようにし、

そしてまた呼吸の長さを

吸息:止息:吐息=1:1:2にして行いました。

まずはこの比率で慣れてもらい、次第に1:2:2、

そして最終的には、1:4:2にしていきます。

完全呼吸による片鼻ずつの呼吸、クンバカ、そして呼吸の長さ、

これを考える事なしにスムーズに行えるようにしなくてはなりません。

これを身につけるには、反復の実践しかありません。

そしてここで重要なのは、

呼吸の長さの比率が、最終的には1:4:2であるということです。

なぜ止息は吸息の4倍なのか?

なぜ吐息は吸息の2倍なのか?

なぜ吸息が1に比率なのか?

これを知るには

まずクンバカを入れない片鼻ずつの呼吸とクンバカを入れた片鼻ずつの呼吸を実感し、

比較してみる必要があります。

それによりクンバカはどのような響きがあるのか?

また吸息と吐息はどのように違うかを感じるとることが大切だと思います。

繰り返しの実践、そして比較、感覚で吸息、止息、吐息を掴んでもらいたいと思います。

次回からも時間をかけて学んでいきます。

●◎○●◎○●◎○●◎○●◎○●◎○●◎○●◎○●◎○

蓮 Y.L.S.の8月期月例講義 蓮

現在『ハタ・ヨーガ・プラーディーピカー』を学んでいます。

9月10日(第2土)

【会場】「喜多見地区会館」

【問い合わせ・申込み】info@yogalifesoc.org (*お手数ですが@を半角にしてください) TEL:090-2320-6566  守屋まで

【メーリングで最新情報発信中です】MLの登録は http://groups.yahoo.co.jp/group/yogayls/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Set your Twitter account name in your settings to use the TwitterBar Section.