板橋校の本日(8/14)の「呼吸法から瞑想へ」のクラスでは、

最初に腹部の浄化法、マッサージ効果のあるアグニサーラ・クリアーを行いました。

基本的な動きは、先週行ったカパーラ・バーティーと似ているのですが、

息を吐くカパーラ・バーティーに対し、

呼吸を止めたまま行うアグニサーラ・クリアーは少々難しいようでした。

これはカパーラ・バーティーをもっと繰り返し行っていけば自然と出来るようになってくるでしょう。

そして今日は、クンバカ(止息)の重要性を少しお話しました。

吸息、吐息よりも止息が大事であり、

リラックスした状態で止息を行い、

その短い間で静、空を感じられることが大切であると私の経験から説明しました。

止息の大切さを実感出来れば、これから行っていく様々なプラーナヤーマ、

そしてバンダ、ムドラーに大きく繋がっていきます。

繰り返し行い、なぜ止息を行うのかを心身で感じていただきたいと思っています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Set your Twitter account name in your settings to use the TwitterBar Section.